So-net無料ブログ作成
検索選択

ブタクサ 花粉 2013 [健康美容]

秋の季節、涼しくなると身体の具合が悪い時ってないですか?

毎年この季節になると、なんとなく風邪っぽい症状が出てくる人も多いと思います。
実はそれは風邪ではなくて、秋花粉症の可能性が高いです!

普通、花粉症と言えば1月~4月のスギ花粉やヒノキ花粉が飛び交う、
春の季節の花粉症が有名ですが、秋の花粉症は、

ブタクサ花粉(キク科)や、ヨモギ花粉(キク科)
イネ科のカモガヤ花粉、ハルガヤ花粉、
あとクワ科のカナムグラ花粉

などが飛び交っています。

春より認知度は低く、あまり知られていませんが、
実は埋立地とか河川敷、道端などによく生える植物だけに
身近に多いのが特徴です。

特にブタクサのアレルギー反応する人が多いです。

butakusa3.jpg


まさか、自分が秋花粉症!? と思うため、春の花粉に比べて
花粉に対して無防備であったあり、対処が遅れてしまうケースが多いです。

特徴として、10月ごろにピークと。
風に乗って数十キロ先まで飛散するスギ花粉などと違い、
ブタクサなどは数十~数百メートルと飛散範囲は狭い。

散歩やジョギングをして大量に花粉を吸い込むと、発症する恐れが高まる。
晴れた日ほど飛散しやすく、症状はくしゃみや鼻水、鼻詰まり、
目のかゆみなどスギ花粉症とほぼ同じです。


対策ですが、春の花粉症と同じように、一定量(個人差有)以上体内に吸収されると、
アレルギー症状を引き起こします。
ですので、掃除するときのマスクと秋花粉を発する植物を触るときの手袋
必ずして下さい。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:健康

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。